作業療法士のブログ

高菜漬けモミモミ

3月某日。西1棟で“高菜漬け”を行った。
当院の特徴でもある広大な畑で育った大量の高菜・・・それをおいしく頂くための活動である。

 

まずは、大きく育った高菜を一斉に揉む作業。
この過程が最も重要であり、漬ける際に塩分が良く浸み込むように丁寧かつ大胆に、そして愛情を込めてモミモミ!!
「昔、良くしよったねぇ」古き良き時代を思い出しモミモミ!!!喋りながらでも手は常に動いている。

高菜モミモミ

高菜モミモミ

そのモマれてクタクタになった高菜達は、塩を撒かれ押しつぶされていく。

塩がしみます

塩がしみます

約80kgの高菜達は数十分で漬けられていった・・・

 

モマれて、つぶされて・・・高菜さん達も大変だ!!
でも、美味しく頂きますからね(≧▽≦;)

 

以上、高菜の話題をらっきょがお送りしました。

OTらっきょ

サクラサク。

いよいよ新しい年度のはじまりですね!
当院にもフレッシュな仲間が増えました。

 

そのスタートを祝福するかのように、デイケアヒュッゲの桜も満開の時期をむかえました!

ビッシリ!

ビッシリ!

今年の桜は、なんとなく色が濃いような・・・
気のせいでしょうか?
そんな桜に負けない、濃い一年にしよう!と決意をあらたにしました。

 

新しい環境でスタートをきるみなさんも多いと思います。
どうぞ無理せず、ゆっくり花を咲かせていきましょう。
ひとの満開の時期は、決まっていませんから。

OTからくさ

 

桜はまだかいな?

「黄砂より 甲子園の砂に 吹かれたい」

こんにちは。
高校時代、野球とは一切縁のなかったOTからくさです。

春のセンバツもはじまりました。
桜も開花しそうです。黄砂もひどい。
いよいよ春、ですね。

 

今年度もあとわずか。
作業療法では、さまざまな活動や行事をおこなってきました。
そのなかで、発見や協力、自信や連帯感などがうまれていったと感じています。

文化祭での展示表彰状です。

文化祭での展示表彰状です。

来年度も、他部署スタッフのみなさんの協力を得ながら、実のある作業療法活動をおこなっていきたいと思います。

 

さいごに。
この春新たなスタートをきるあなたへ。
幸多かれ!!

OTからくさ

 

「糧」となるもの。

日中の気温もずいぶん高くなってきましたね。
来週は20度ちかくまであがるそうです。ワオ!

 

さて、お伝えしていた『文化祭』が、先日無事終了しました。

 

準備は大変でしたが、スタッフのみなさんの協力もあり、有意義な時間となったと思います。

 

『喫茶』でいきいきと従事する患者さんの姿、
『展示』で評価を受けてほころぶ笑顔、、、
誰かに必要とされること、誰かに認められることはこんなにも人を輝かせるのだと感じました。

 

私自身も今回は「音」で参加しました。

ウィッス!!

ウィッス!!

やっぱりほめられるとウレシ~!

 

今回のような経験が、患者さんたちの今後の「糧」となっていくことを願います。

OTからくさ

文化祭へむけて。

いよいよ3月に入りました。
花粉も飛びまくっているようですが、同時に春の匂いもただよってきたようです。

 

さて・・・
ただいま当院では、3/11・12開催の文化祭にむけて、制作作業が急ピッチで進められております。

指先に想いを。

指先に想いを。

みんなで力を合わせた「巨大貼り絵」が完成するのも、もう間もなく。

 

毎年、展示会場を訪れたみなさんが、「うわぁ、こがんなったとねぇ!」と目を丸くされるのを見るのが楽しみです。

 

今年は私も作品を出します!
ほめて!

OTからくさ

 

Let’s料理活動

まだまだ寒さもあり、寒暖差に惑わされながら体調管理に勤しんでいる今日この頃でございます。

 

先日、南2棟では、料理活動を行いました。
今回の料理活動は、退院前の料理の練習、食を通して他者との交流の機会となればと思い提供させていただきました。

 

まずは、メニュー決め…
参加者は、女性ばかりであったのでバレンタインデーも近いということから、あま~いスイーツの案もでました。他には、おでん、しょうが焼き、あらだき…バラエティに富んだメニューがさまざま。。。
結果として、退院も近い方も多く、日頃調理に馴染みが少ない方もいたので、切る作業が多いメニューがいいのでは?ということで、季節にピッタリの「豚汁」となりました。またそれに加えて、今話題の酵素がたっぷり「野菜サラダ」に決まりました。

 

次に、スーパーに食材の買い物へ…
年齢層も幅広いメンバーでしたが、そこは堅実な女性の姿が垣間見え、お値段と鮮度にこだわりながらの買い物となりました。私個人的にも女性同士の買い物は、ワクワク楽しかったです。

 

そしてそして、料理当日です。
調理方法や担当は、その場で話しながら行いました。皆さん手際良く自分が出来ることを見つけながら取り組まれていました。「亀の甲より年の功」ともいうように、家庭での料理経験が長い方の動きはテキパキとされ印象深かったです。また、経験が浅い方も苦手なことに挑戦されている姿もありました。

ハーイ!食材準備完了でーす

ハーイ!食材準備完了でーす

さあ!メインの豚肉を投入でーす

さあ!メインの豚肉を投入でーす

ハーイ!豚肉と野菜サラダの完成でーす

ハーイ!豚肉と野菜サラダの完成でーす

今回、作る楽しみもありましたが、食べる楽しみもあり、何万回もの!?「おいしいねぇ」が飛び交っていたように感じます。
野菜たっぷり「豚汁」と「野菜サラダ」と「炊立てのご飯」で栄養満点、お腹も満足、心も満足な時間を過ごせました。

ごちそうさまでした。

OT tanaka

ワクワク♪ドキドキ♪

怒涛の1月も過ぎ、もう2月も半ばです。早いですね…

さて、デイケアでは2月3日の節分の日に『鬼退治ゲーム』を行いました。
新聞紙の玉を、どちらのチームが多く鬼の身体にくっつける事が出来るか…
皆さん必死に玉を投げつけ、とても盛り上がりました!

鬼は外!福は内!

鬼は外!福は内!

そして、豆を歳の数だけ…食べるとトンデモナイので、数個ですが豆も美味しく頂きました!

数日後には料理活動で『恵方巻』を作り、皆さんで今年の方角(西南西)を向き、楽しく話をしながら食べました(´▽`)♪

my恵方巻を作ります☆

my恵方巻を作ります☆

 

 

また、バレンタイン前日には『チョコレート作り』を開催しました。

ハッピーバレンタイン

ハッピーバレンタイン

先日の活動で作成していた、メッセージカードを添えて…★

 

デイケアでは、普段の活動に加え、季節に関する活動を取り入れています。
今年も楽しく活動していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

OTのっぽ

光の春。

快晴です。

中央棟より喜々津方面を望む。

中央棟より喜々津方面を望む。

春のような日差しに誘われて外に出てみると・・・
まだまだ寒い!

 

ちょうど今のような時期のことを、「光の春」といいます。
つまり、日差しは春だけど気温はまだ冬、ということ。
もともとはロシアの言葉らしいです。

 

私は日本人ですが、この「光の春」という言葉が大好きです。
いまはまだ寒くてつらいんだけど、確実に春が近づいている。

そんな、いまと未来のつながりを感じさせる、
なぜか「春」より希望をもてる言葉なのです。

 

いま、院内では3月の文化祭にむけて、準備がすすめられています。
いまの努力が未来に実をむすぶ。

 

さあ、2月に逃げられないよう、
しっかり春のほうを向いていきますよ!

OTからくさ

 

ちいさな春。

立春。暦の上ではもう「春」ということですね。

・・・

いやいや、まだまだ冬でしょう!
だって、寒い!と一日に何回言っているかわからないほどです。

 

でも先日、ベランダで「ちいさな春」を見つけました。

 

ニョキ。

ニョキ。

 

昨年11月に西2棟のみなさんで植えたチューリップの芽です。

 

われわれが寒い寒いと背中をまるめている間も、少しずつ春は近づいてきていたんですね。
季節は、少しずつ変わっていくものなのだと感じました。
なんだってそうかもしれません。一日では、変わらない。

 

とはいえ、まだまだインフルエンザも猛威をふるっています。
「おおきな春」がやってくるまで、体調に気をつけて冬を乗り越えましょう。

OTからくさ

【ひつじ】

新しい年になり、ひと月が過ぎようとしています。

今年の干支は『未年(ひつじとし)』ということで、ひつじのオブジェを作成しました。

 

綿を丸めて貼り付けます

綿を丸めて貼り付けます

だいぶ形がみえてきました

だいぶ形がみえてきました

 

みんなで分担して作りながら、自分の干支は「○○年だ」なんて話題も飛びかいます。

 

完成♪

完成♪ 

みんなで作成したひつじです。いかがでしょう?

みんなで作成したひつじです。いかがでしょう?

 

ひつじは臆病という例えにも用いられますが、逆に慎重というふうにも考えられると思います。

ゆっくり、時々は立ち止まったりしながら、穏やかに過ごせる一年になるといいですね。

また、ひつじは“家族の安泰と平和”をあらわしているそうです。

『あたりまえ』のことが、実はとても大切なことなのではないかなぁと思う今日この頃です。

OTたまご