作業療法士のブログ

梅一輪。

まだまだ冷え込む日もありますが、少しずつ春を感じる日が増えてきましたね。

 

当院の梅も、咲いています。

うわついてないところがイイ。

素朴な花なんです。

 

今日は、ある俳句をご紹介します。

 

『梅一輪いちりんほどの暖かさ』

 

松尾芭蕉の高弟、服部嵐雪が詠んだ句です。
まだ冬の寒さが残るなか咲き始めた梅の、その一輪のまわりだけちいさな暖かさを感じられるようだ、という句です(解釈は諸説あります)。

少しずつ春が近づいてくるこの季節と、素朴な梅の花にピッタリな句ですね。

 

 

花や風の温度で四季の移ろいを感じる。
日本人ならではの感覚だと思います。

そんな、誰もがもっている四季感覚を、俳句であったり、食べ物であったり、散歩であったり、さまざまな活動の中で共有していけるのも作業療法の魅力のひとつ。

 

あたたかな春を待ちわびる気持ちも、一緒に感じていきたいと思います。

OTからくさ

 

 

食の宝庫

デイケアで「椎茸の菌打ち」なるものをしました。

クヌギの木にドリルで穴をあけ・・・。菌を穴に入れ木づちでコンコンと打っていきます。

チュイーン。どう?間隔大丈夫?

チュイーン。どう?間隔大丈夫?

 

穴に栓をする様に。リズムよく打てば楽しいです

穴に栓をする様に。リズムよく打てば楽しいです

 

利用者さんも初めての方がほとんど。初めのうちは一つ一つ確認しながらの作業でしたが、慣れてくれば楽しいものです。木づちの音が心地よく感じました。

 

櫓を組んで雨乞いをします。

櫓を組んで雨乞いをします。

 

人が生きる為に必要な「食」。そのものを作り上げる事が出来るのも作業療法の魅力ではないかと思います。

 

今回の椎茸さんが出て来るにはまだ時間が必要な様ですが、じっくりと育っていってほしいと思います。

OTウォーリー

文化祭にむけて。

3月9日・10日、恒例の『文化祭』を開催することとなりました。

文化祭では、作業療法で制作した作品や職員からの作品を発表する「展示コーナー」や、毎年趣向を凝らした飾り付けでおもてなしする「喫茶コーナー」などがあります。

そして目玉はもちろん、全棟合作の「巨大はり絵」。
今年のモデルは・・・この人!

あッ、このポーズは!

あッ、このポーズは!

 

まだ一部しかお見せできませんが、もうおわかりですよね?
みんなあのポーズ、やってましたね~。
だいたい間違ってましたけどね~。

現在、みなさん力を合わせて制作中です!!

 

2月4日、ついに長崎県にも『インフルエンザ流行注意報』が発表されました。
これからも感染が拡大することが予測されますので、みなさん、ひきつづきご注意ください。

OTからくさ

雪、雪、雪。

数十年に一度の大雪!
まさかこんなことになろうとは!
1月26日9時現在、まだ交通機関も正常化とはいかないようです。

やはり自然には勝てませんね。
病院もこんな感じです。

 

中庭の様子(1月24日)。

中庭の様子(1月24日)。

 

主要な道路はかなり融けていますが、細い路地や家の前などはまだまだ危険がいっぱいです。

くれぐれも車の運転、歩行時の転倒にはお気をつけください!

OTからくさ

風と雪。

昨日はひどい風と雪で、大荒れの天候でしたね。
これまでの暖冬に慣れていたせいか、風の冷たさが身にしみました。

むこうはきっと、ひどい雪。

むこうはきっと、ひどい雪。

インフルエンザも今年は流行が遅いようですが、ちらほら発生してきているようです。

まずは十分な栄養と休養、そしてうがい・手洗いをこころがけ、感染を予防しましょう!

OTからくさ

懐かしの、〇〇遊び!

あけましておめでとうございます。

 

年も明けてずいぶん経ちましたが、まだまだお正月気分は抜けません…
そんな日には、昔懐かし!?お正月ならではの遊びをしましょう!

 

福笑いやかるた、コマやけん玉などなどを用意して・・・

 

懐かしや~

懐かしや~

 

初めは戸惑う様子も見られましたが、次第に昔を思い出したようで
慣れた手つきでコマ回しやめんこの勝負をされていました!

 

また、「懐かしかね~」「昔遊びよったばい」などと懐かしむ声も、多く聞かれました。

 

 

 

今年もブログを通して、私なりの作業療法を発信出来たらと思っていますので
どうぞよろしくお願いします★

OTのっぽ

謹賀新年。

さあ、新しい年の幕開けです!

ヒュッゲ特製門松。

ヒュッゲ特製門松。

昨年はみなさまにとってどのような年だったでしょうか?
「安」のつく年となったでしょうか。

 

われわれ小鳥居諫早病院OTスタッフも、2016年も充実した作業療法を提供できるよう頑張っていきたいと思います。

 

それから、このブログもほそぼそとながら更新していきたいと思っておりますので、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

小鳥居諫早病院OTスタッフ一同

 

 

ゆく年くる年

デイケアでは2016年を晴れやかに迎える為、門松を作りました。

 

竹を切り~大鋸屑(おがくず)で固定~飾りつけ~・・・各工程かなり重労働でありましたが、みんなで協力して、立派な門松が完成しました!

竹きりギコギコ。結構大変・・・。

竹きりギコギコ。結構大変・・・。

ここはどんな風に飾ったらよかですか?

ここはどんな風に飾ったらよかですか?

完成!!

完成!!

 

門松は神様をお招きする目印だそうです。また、トイレ・お風呂・台所などにも飾ると良いとの事です。不浄なものは汚れている所につくという事で・・・。へー。

 

これで良い年を迎える事が出来そうです。2016年は清く・正しく暮らしていこうと思います!

OTウォーリー

今年最後の大行事。

先日、今年最後の病院全体行事となる『クリスマス会』が行われました。

この日にむけて、各棟とデイケアではスタッフと患者さんが一体となって、出し物の練習をしてきました。

今年もあのバンドが…!?

今年もあのバンドが…!?

その成果は・・・
当日の詳しい様子は、後日トピックスにて紹介します。

 

それにしても毎回感じることですが、やっぱり「何かを誰かと成しとげること」は、『自信』と『ひととのつながり』というおおきな財産をうむものであると思います。
そういった意味で、こういう行事は作業療法には欠かせないものだと考えます。

 

今年の大行事はこれでおしまいですが、来年もいろんな財産をうむ活動を提供していきたいと思っています。

OTからくさ

 

日々精進

先日、退院を間近に控えた方のお部屋を訪ねた時のことです。

 

「入院中どうしようかと思ってたけど、(OT)活動があってよかったです。日中の過ごし方もわかったし、家でも過ごせそうです。ありがとうございました。」との言葉をいただきました。

 

この言葉ですごくうれしい気持ちになり、そんな言葉をかけてくださったことにお礼を伝えました。

 

 

皆さんの人生に多少なり関わらせていただくなかで、自分にできることはなんなのか、、、
日々向き合っていきたいと改めて感じた、今日この頃です。

 

                                OTたまご