当院では、入院されているうつ病の患者さんに対し、心理教育を行っています。
心理教育とは、病気の概要や症状の内容,治療方法,薬への作用・副作用,再発予防などを、数名の同じ病気で悩む人たちと一緒に学びながら、病気に対応する術を考えていく治療法です。
医師,薬剤師,看護師,臨床心理士,作業療法士,精神保健福祉士などを交えて、専門的知識を提供し、それぞれの特性を活かし、情報提供・治療を行っています。


DSCF4167DSCF4165

「心理教育」の定義————————————————–
精神障害などの問題を抱えた人たちに対して、個別の療養生活に必要な知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、病気や障害の結果もたらされる、諸問題や諸困難に対する対処法や工夫をともに考えることによって、主体的な療養生活を営めるよう援助する技法

「心理教育」がめざすもの——————————————
1 自らの病を理解すること
2 病気やそれに関連した困難への対処法を身につけること
3 病気から回復するという希望を持てるようになること
4 主体的に治療に取り組む姿勢を身につけること
5 自己決定・自己選択の力を身につけること
6 社会福祉資源を利用できるようになること
 

ページトップへ戻る