当院では院内感染を防止するため、全ての専門職が参加する院内感染対策委員会および院内感染対策チームが活動を行っております。

 院内感染対策委員会では院内感染制御のための対策を検討し、院内感染対策チームがその対策を積極的に進めていくとともに、現場に即した対処を行うといった体制をとっています。

 院内感染対策チームは毎月1回、各病棟などをラウンドし、院内感染対策上の問題がないかを確認し、必要があれば改善策を指導しています。

 また、院内感染対策に関する職員研修を1年に2~3回実施しています。
講義形式の研修だけでなく、実技も交えた研修も実施しています。

 安全で快適な療養環境を提供する上で、院内感染対策は非常に重要なものであると位置づけ、院内の全職種・全職員が感染対策の重要性を理解し、業務に望むことが出来るよう継続した取り組みを行っています。

ページトップへ戻る