当院では院内スタッフの教育・研修に取り組むために、教育委員会を設置しています。
委員会では「基本理念に基づき、対象となる人々の基本的人権を尊重し、個人の人権と権利を擁護することの理解を深め、より専門職としての意識を向上できるような研修会を企画する」という目標の下に、さまざまな取り組みを企画・実施しています。

主な活動内容としては、

  1. 院内研修の運営
  2. 院内の各委員会と連携を図り、当該委員会が企画した研修会をサポート
  3. 各部署での教育委員の企画によるその部署に特化した研修会の開催
  4. 平成22年度4月より「新人看護職員の臨床研修等」が努力義務化されたことを受けての看護補助者・初任者研修会の開催(年7回)
  5. 院外の研修会に積極的に参加できる環境を作り、意識向上に寄与する

などが挙げられます。

 院内研修会は勤務時間外と時間内を併わせて、年間22回程度開催しています。
研修内容は他の施設と比べても遜色のない充実した内容であると自負しています。

 また、その研修会に対するスタッフの意欲も高く、参加者も増加しています。

 今後もより専門職としての意識を向上できるような研修会を企画し、当院の基本理念でもある「患者様に心の平和を与えられる」ような環境作りに貢献していきたいと考えて活動しています。

ページトップへ戻る