睡眠障害について

睡眠障害には以下のようなものがあります

1990年に発表された睡眠障害国際分類(ICSD)では、睡眠障害を大きく4つに分類しています。

  • 睡眠異常

    睡眠自体が疾患であるものを指す。不眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群など。

  • 睡眠時随伴症

    睡眠中に見られる異常な行動。夜驚症、夜尿症、睡眠麻痺、周期性四肢運動、睡眠関連摂食障害など。

  • 内科・精神科的睡眠障害

    精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠。

  • その他

    未だ分類が正確になされていない、短時間睡眠者や長時間睡眠者など。

ページトップへ戻る