精神科作業療法は、精神疾患により生活に障害を持った方に対し、作業活動(遊び・創作活動・日常活動・仕事的な活動)を通してその人にとってよりよい生活が送れるように援助する、リハビリテーションのひとつです。
体力の回復、意欲面の改善、コミュニケーションの機会、リラックス、ストレス発散、生活していくうえでの技術や他の人とのかかわり方の練習などが目的となります。

 当院での作業活動は手工芸やレクリエーションをはじめ、書道、散歩、スポーツ、調理、体操、カラオケ、コーラス、ゲーム、ミーティング、園芸など様々です。

 また、季節ならではのイベント(花見、バスハイク、餅つきなど)も行っています。

秋祭りでの一場面

秋祭りでの一場面

 そのほかに、病院全体行事として「文化祭」「室内レクリエーション大会」「秋祭り」「クリスマス会」を開催し、患者様同士の交流、またご家族の方々や地域の方々との交流の場ももうけています。

 我々作業療法スタッフは、患者様がいきいきと過ごせる、楽しい時間作りを心がけながら、その人らしい生活が送れるよう、援助していきます。

ページトップへ戻る