薬局長 久保 慎司 日本病院薬剤師会 精神科薬物療法認定薬剤師
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師
長崎県病院薬剤師会 精神科病院委員会 委員
長崎県央看護学校 非常勤講師
薬剤師 蒲原 治子

薬局では現在、薬剤師2名と助手2名の計4名で業務を行っています。
主な業務は入院患者様、外来患者様のお薬の調剤や服薬指導になります。

お薬の処方

お薬の処方

お薬は患者様のご希望や、主治医からの依頼に応じて一回に飲む複数のお薬を1つにまとめて、飲み間違いや飲み忘れを防止する一包化調剤も行っています。

また、入院患者様に対しては、入院している病棟に薬剤師が出向き、お薬の働きの説明や副作用のチェックなどを行い、より安全で効果的な薬物治療が行えるよう、薬剤管理指導を実施しています。

また、院内感染対策や医薬品安全管理業務、院内スタッフに対する医薬品の情報提供などにも取り組んでいます。

さらに、患者様に対しては心理教育などの場で薬剤師の立場から、お薬の話をさせていただくこともあります。

薬剤師は病院の中で“お薬の専門家”であることが大切であり、日々の業務の中で様々なことを学びながら、より安全で効果的な薬物療法が提供できるよう日夜励んでいます。

ページトップへ戻る