『小鳥居ゆめ総体』開催しました!

当院では毎年『小鳥居ゆめ総体』と称して、2日間にわたる各棟対抗レクリエーション大会をおこなっています。
今年で10回目となります!
この大会は「交流の場」や「協力することの喜び」を得ることを目的としていますが、何より「楽しむ機会」となることを一番に考えて取り組んでおります。 今回は、試合の様子とともに実際おこなわれた種目をご紹介いたします。

まずは『ピッタリ止めましょう』の部。
このレクは、糸巻きのようなもの(通称:リール)を転がしてなるべく高い得点のゾーンでピッタリ止めよう、というレクです。
集中力と微妙な力加減が必要な種目ですが、当院で一番人気のレクです!

100点100点!止まれ止まれぇ~!

100点100点!止まれ止まれぇ~!

次に『サイコロすごろく』の部。
巨大なすごろくの上を、コマとなった人間がすすんでいくというゲームです。 サイコロを転がせれば誰でも参加可能な、運だけが頼りのレクです! すごろくの枠には「黒ひげ危機一発」「けん玉」などの課題を取り入れ、面白味を工夫しています。 若者からお年寄りまで、対等に対戦できるのがいいところです!

飛び出せば5マスゲット!頼むよぉ~!

飛び出せば5マスゲット!頼むよぉ~!

最後に『プレイボール』の部。
このレクは、止まったボールを打ち、「ヒット」や「ホームラン」の枠を狙うというものです。その他のルールは野球と同じで、大逆転やドラマチックな展開もあり、本物の野球の試合を観ているようにハラハラします。 たまに『プレイボーイ』と言い間違えてハラハラもしますが(*^。^*)

ヒットで繋げる野球をするチームもあれば、ホームランで一発逆転を狙うチームもあり、自然とチームの個性や結束が生まれます。
勝っても負けてもお互いを讃えあう姿は、高校野球の一場面をも彷彿とさせます。

ホーーームラーーーン!!

ホーーームラーーーン!!

以上、当院オリジナルのレク3種目でした。
いざ棟対抗となると、ワクワクと楽しい反面、少し緊張した表情も見られます。しかしそのぶん、日々のレクでは見られないような大きな笑顔もうまれます。

団結して頑張る患者さん、それを盛り上げるスタッフ…と、活気あふれる2日間になりました。

よっしゃあ!優勝ぉ~!!

よっしゃあ!優勝ぉ~!!

 

 

………………………………………………………………………………………………

診療内容
精神科/心療内科/睡眠障害外来
統合失調症・うつ病・パニック障害・社会不安障害・むずむず脚症候群・認知症・不眠症・睡眠時無呼吸症候群・ナルコレプシー