外来リハを開始して1年が経過しました。

 

またまたお久しぶりの投稿になりました(>_<)
今日は、外来リハを開始して1年が経過した記念に!?
当院で行っている認知行動療法の雰囲気を、少しですがお伝えできればと思います。

 

 

まずは、認知行動療法とはどんなものかを簡単に説明したいと思います。

私たちは誰でもストレスを感じることはありますが、その時に自分独自の『偏った認知』で物事を見てしまうことがあります。この『偏った認知』の特徴に気付き、他の視点で物事を見てみると少しストレスが軽くならないだろうか?ということをグループワークしながら理解していきます。

文章にすると難しいですが…実際は講義やグループワークを通して皆さんで一緒に学びます。

 

 

このような感じで、和気あいあいとした雰囲気で行っています。
HP用に撮影しましたが、笑いすぎてNGになった写真です(笑)

笑いすぎてNGです

笑いすぎてNGです

また、医師をはじめとした様々な専門職(作業療法士・看護師など)が入りますので、自身では気付かないような考え方の癖や傾向を見つけ、今後の治療に役立てることができます。

 

ちなみに、参加しているスタッフはこんな感じです!

当院自慢のバラの前で

当院自慢のバラの前で

 

当院の認知行動療法は平日の昼間という時間帯に行っているのですが、仕事を休んで参加してくださった方や家事の合間を見て参加して下さった主婦の方、現在休職中で復職に向けて参加して下さった方など…約50名近くの方にご参加いただきました。

また、参加している方は県内(諫早市・大村市・島原市・長崎市・佐世保市など)だけではなく、入院中の方は遠方の方もいらっしゃいます。
(※現在は新型コロナウイルスの影響もあり、県外の方の参加はご遠慮頂いております)

 

今後もスタッフ一同、皆様の治療に役立てるように研鑽してまいりますので、どうぞ2年目の外来リハもよろしくお願いいたします!