外来でも「不眠の認知行動療法」が受けられるようになります。

 

 

当院では現在、入院中の方を対象に「不眠の認知行動療法」を行なっていますが、6月より、外来通院されている方も受けられるようになります。

 

「不眠の認知行動療法」とは・・・
不眠症の方の多くは、長い生活習慣のなかで“不眠につながるクセ”が身についてしまっています。「不眠の認知行動療法」では、その行動や考え方のクセに気づき、新たに“快眠につながるクセ”を身につけることによって不眠の改善を目指します。
当院の「不眠の認知行動療法」では、作業療法士があなた自身の睡眠行動を一緒にふり返り、一緒に見なおすことで不眠を改善するサポートをいたします。

 

これまで実際に受けたみなさまからは、

「寝つきが良くなり、眠りが深くなったような気がする」
「今まで睡眠に良いと思っていた習慣が、逆効果だったことに気づきました」
「夜眠れるようになって、日中の眠気がなくなり、動けるようになりました」
「睡眠薬をたくさん飲んでいましたが、少なくなりました」

など、たくさんの声をいただいております。

 

不眠でお悩みの方、興味がある方はどうぞお気軽におたずねください。

OTらっきょ