夏の「院内喫茶」開きました。

 

 

8月29日、夏の「院内喫茶」を開きました。
きびしい残暑をやわらげるように、ゆっくりとした時間が流れます。

 

今回の目玉メニューがこちら!

初登場!ケーキセット!

初登場!ケーキセット!

ひんやりスウィーツに、お客さんの表情も甘~くほころびます。

 

 

さて、この日もウェイトレスの皆さんは大活躍。
ベテランウェイトレスのAさんには、ちょうど看護実習生さんがついていました。

 

「あっちで手を洗ってきて、手袋してね。」
「戻ってきたらお盆はここに置くのよ。」
後輩(?)を従え、心なしかいつもよりハリのある表情・・・うん、頼もしい!
やっぱ仕事・役割があるってええなぁ・・・。
このとき、Aさんの病気の部分なんてまるでみえません。

 

作業活動を通して、「病気」や「できないこと」ではなく、「健康な面」や「できること」に焦点をあてる。
そしてそれを言葉でも数字でもなく、「経験」として積み重ねることができる。
それ、作業療法の他ならない特徴だと思います。はい。

 

テキパキと後輩指導するAさん・・・もう、ス〇バでも通用しますって!!
キャ、キャラメル、フ、フラペチーノ、ひとつください!

OTからくさ