文化喫茶を開催いたしました。

 

『〇〇の秋』で皆さんは何を思い浮かべますか?
読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋・・・いろんな秋がありますね。
先日、当院でも、芸術の秋と食欲の秋を兼ね備えた『文化喫茶(文化祭+喫茶)』を開催しました。

 

日々の活動のなかで作製したもの、あるいはスタッフの趣味の作品など、さまざまな作品が展示されました。
多種多様な作品の数々から、作者の新たな一面が発見できる機会となりました。

 

数えきれないほどの折り鶴を敷き詰めて、大きな一羽の鶴が立体的に見える作品

和紙を染めるところから始め、緻密に作られたちぎり絵作品

 

 


スタッフによる作品

 

 

そして、ウェイター・ウェイトレスあるいは厨房係として、喫茶会場を手伝ってくださる方々もいました。
何度も手伝いを経験されてベテランスタッフとなった方の安定の仕事ぶり、今回初挑戦の方々も、堂々とした接客の様子がみられました。

 

即戦力のウェイトレス

数々の作品を鑑賞しながら、ゆっくりとした時間を過ごされていました

 

 

行事という機会が、普段みられていなかった、そのひとのもつちからに気づかせてくれました。
まさに『実りの秋』と言える行事になりました。こういった機会を通して、皆さんの新たな一面がどんどんみられればいいなと思います。

OTたまご