秋まつり、ありがとうございました!

 

 

10月13日、『第16回小鳥居諫早病院秋まつり』を開催いたしました。

 

台風が次々と来日(?)していた数週間でしたが・・・当日は雲ひとつない秋晴れ!
今年もたくさんのお客さまに来ていただき、貴重な交流の場をもつことができました。
嬉しいかぎりです!本当にありがとうございます!

快晴!準備万端!

快晴!準備万端!

今回は県内のイベントに引っ張りだこの二組、星の子保育園さんとコパンカフェバンドさんをゲストにお迎えしました。

 

星の子保育園さんによる星の子太鼓は、さすがの堂々とした演奏で、患者さんたちもその迫力にググッと引き込まれ、聴き入っておられました。

この気迫!

この気迫!

この笑顔!

この笑顔!

コパンカフェバンドさんは、楽しいMCと楽しい演奏で会場をひとつにしてくれました。一緒にキメポーズする会場はみんな笑顔!

くらっぷゆあはんず!

くらっぷゆあはんず!

秋空に響け♪

秋空に響け♪

そして大盛り上がりとなった交流ゲームやラムネ早飲みでは、見覚えのある子どもたちの姿に成長を感じ(勝手に)、この場で同じ時間を過ごせることに幸せを感じました(勝手に)。

 

 

思えば、『まつり』はたくさんの人の善意と協力で成り立っています。
そしてそのすべてが「楽しんでもらおう」「楽しもう」「一緒に楽しく過ごそう」と、ひとつのゴールに向かっています。
それはきっと美しいことで、何物にも代え難い、たいせつなことだと思います。
そういったものを生み出すのもまた、日常とはちょっと違う特別な日『まつり』の力なのだと思いました。

 

 

星の子保育園さん、コパンカフェバンドさん、来場してくださったご家族や地域のみなさま、ご協力いただいたすべてのみなさま、本当にありがとうございました!

第16回小鳥居諫早病院秋まつり実行委員長OTからくさ