花と鳥。

 

 

3月27日、早くも満開を迎えたデイケアヒュッゲの桜。
さっそくお花見へ行きました。

清々しい姿。

清々しい姿。

ひろがる青空と満開の桜!
心地よい春の風!
桜が目に映った瞬間、皆さんの表情もパッと明るくなります。

うん、満開。

うん、満開。

鳥たちも桜の花々にあつまり、にぎやかにさえずります。
それを見たある患者さんがひとこと。
「鳥も花見にきとるねぇ」

 

そのゆたかな感性にハッとしました。
「鳥も喜んどるやろねぇ」
「桜もこんだけ見られて嬉しかろう」
ほんとうに、ゆたかです。

 

鳥は、生きるために花見をしません。
鳥は生きるために花に集い、蜜を吸います。
人も、生きるために花見をしません。
人はゆたかに生きるために、花見をします。

 

人がゆたかに生きるために必要なことって何だろう?
そんなことを考えながら、ゆたかな時間をすごしました。

ゆたかな時間。

ゆたかな時間。

OTからくさ